船越さんの勝ちですよ

 テレビの前の視聴者的には、「なんなんだよ?」と疑問と怒りだけをもたらした今回の松居一代騒動。

 唯一の収穫は、船越英一郎人間力を知ったこと。
普通は言ってしまうよ。反論してしまうよ。受け流せないよ。高等戦術なのかもしれないが、できませんよ。しかも、クールに構えるんじゃなくて、表面的には暖かみすら感じる感じで。

 その船越英一郎のミラクルな対応が、なんとなく、軽めにスルーされている感があるが、すごいぞ船越英一郎。偉いぞ、船越英一郎だ。どこかの誰かが同じ状況(滅多にはねぇよ!)に陥った時、我々には、大いなる先達(船越英一郎)がいるのだ。なんて心強いことか。

 できますか?あの態度。あのテレビへの映り方。
 相当に腹をくくった生き方してなきゃできませんよ。めちゃくちゃ尊敬できる素晴らしいあり方ですよ。新書の一冊でも書いてほしいですよ(もう、出版社が動き出してそうだ)。

 ただ、もちろん真実は、藪の中である。だから、一概に正義は船越英一郎にありも、ちょっと危ない。
 ひょっとすると、真の大悪人は、船越英一郎で、松居一代こそ、真の正義の代理人の可能性は、可能性だけど、まったくのゼロではないのだ。まったくのゼロではないのだ。うん…。

 松居一代が、精神的にズタボロのボロになるまで、徹底的に追い詰められた末の自暴自棄から来るワイドショー、ネットでの一連のエスカレーションと捉えれば、うーん、そうかもなーと思える節もあることはある。(思える節もあることはある。なきにしもあらず、たぶん)。

 たとえ、そうだとしても、テレビの前の我々にとっては、結局、どう見えるかがすべてでしかないので、最後に笑っている船越英一郎をすごいと思うし、船越英一郎の勝ちだって、思っちゃう。そのへん、松居さん、仕方ないですよ。だって、圧倒的な勝ちのオーラまとって、バラエティーに出てるんだもん。

 それで、収まらない、あたしは、あきらめないって、また、打って出ても、松居さん、厳しいな。ワイドショー絡みで、見るのに、こんなに忍耐力を必要なのは、松居劇場が最後で最後だから。野々村さんとかは、まだ、楽しめたからよいものの、松居劇場は、見ていて、苦痛を与えられる感じに仕上がってたから、ふるいにかけられて、真の物好きだけが、見世物小屋覗く気分で騒ぐだけだと思う。

 もし、逆転をするのなら、それこそ、しばらくの間寝かせて、様々なイメージ戦略を駆使しないと厳しいな。厳しいよ。
 
 

 

キングオブコント2017 感想

 
 キングオブコント。気になったのは、去年の優勝コンビのライスが売れなさ過ぎて、魂を削られたのか、なんだが半透明になってたこと。もしかすると、こないだの優勝から、一番大きな仕事がこのキングオブコントのあれだったんじゃないか。うーん、怖いなぁ。人間、こうなるんだなぁ。アメトークでも緊張を理由に空回ってたし、切ないなぁ。
 
 この一発屋ですらない芸人たちにもなにかキャッチーな名前をつけてあげて、もう一度再生してあげてほしい。やまもとまさみとか、かもめんたるとか、シソンヌとか、佐久間一行とか、死屍累々に復活の呪文をテレビ企画でかけたげてほしい。


 台風の目となったのは、にゃんこスター
 最初は、はぁ?だっだけど、見ているうちにだんだんと効いてくるコント。物語コントがほぼ全部の中でのダンスネタだから、他のやつとの対比で斬新に映ったが、一旦、寝かせて考えると、斬新、斬新言うならば、天竺ネズミとか2700とか方が、斬新だし、より面白いのではという個人的評価。アンゴラ村長はかわいいが、メガネの男の方は憎たらしい。声も憎いし、ルックスも憎い。腹立つ。

 かまいたち。録画で見て、ハードルが上がったせいか。そこまでのことではないなと思ってしまった。2個目のコントの「もう、目処ついてんねん!」には、かなり爆笑させられたし、1個目のホラー風味のラッシュには、凝った演出だなぁと、感心したが、うーん。自分がそれ作れるの?と聞かれたら作れないけど、そこまでのことではないなと思ってしまった。でも、賞レースとしては、文句なく1等賞だと思う。よかったなぁ。

 極論、好みの話だが、自分的には、アキナがよかった。アキナが一番。元々、遡ること、ソーセージの時代から、アキナのネタが好きだし、ホラーテイスト(流行りなのか?)をコントに入れ込むのも、おもしろいなーと普通に感じたが、スケッチを積み重ねるコントだったせいか、Aメロ、Bメロはいいんだけど、ブリッジからのサビが弱いのか?それなのかな?素人なんで、全然だが、そんな風に感じた。来年はアキナに優勝してほしいし、アキナに優勝してほしい。あと、バイク川崎バイクにも、いまさらだけど、売れてほしい。

三平の笑点へのコネ入社が目に余る

 「笑点林家三平いらないんじゃないか」。
 見るたんびにそう思うのだから嫌になる。
 いろいろタイミングが合う。笑点をつける。三平の大喜利を3回答ぐらい見る。「笑点に三平いらないんじゃないか」と思う。この流れが何度も自分の中で繰り返されている。

 思い出せば、いっ平の時からつまらなかった。キャラの引き出しは、実は他の人と比べても強烈にあるし(マザコン・ボンボン故の特殊エピソード)。顔だって、タレントとしては華がある。でも、ないのだ。ただ、一点。お笑いの才能が致命的に。画竜点睛を欠くというやつだ。キャリアを築けばなんとかなるだろうとたかをくくっていたが、芸能界に長く身を置いていて、このぐらい面白くならないやつもかなりのレア。

 それにつけても、嫌なのは、こぶ平も面白くはなかったのだ。でも、こぶ平は、それを知っていたように感じる。自分の限界を見極めていたように。

 でも、三平は、それが兄のこぶ平に比して薄いように思うのであるから、いけない。

 個人的な意見としては、三平の自我はこの際、ぜんぶ捨てて、笑いに対する判断は、すべて三平のブレーンに全権委任するべきということ。素材はいいのであって、おしむらくは、その笑いに対する判断力の弱さ。自己プロデュース力の弱さだ。これを誰かが代わりにやればいい。それか折衷案的に、異例だが、妻の国分さんを大喜利の時も横においてほしい。そうすると、「笑点に三平は、いらないんじゃないか」と思わずに済む。わがままですけど、そうなってくれたらなー。
 

ララランド ミアへ言いたいこと

 ララランドを見た。最初から一気に結末のネタバレになるが、エマ・ストーンのやってるミアには、本当がっかり。5年後の冬の展開には、心からなんでやねんと思いましたよ。ミアさん、あなたは、そういう魂の持ち主ですか。

 セブの方は、健気にも店名も「チキン・スティック」から「セブズ」にしてるわ。 そもそも、あの頃語り合ってた夢の店を持つことも叶えてるわ。

 ミアの言う通り、あの頑固な男が彼女の言葉を取り入れて、変節してまでやってのけてるのに対して、ミアは、女優としての夢を叶えたものの、夫と共に豪邸からやってきてってそれはないわ。

 しかもおまけに腹立つのは、そんなミアが、セブの思いの詰まったピアノ演奏でいたたまれなくなり、店を立ち去る時に一旦振り返ってセブと目が合った時に許しを乞うような、後ろめたさを表情に浮かべた時にセブに「l love you ok」みたいな感じで許させたこと。そこまでさせるんかい!「l love you ok」までさすなよ。ミアは、そこで振り返るべきじゃない。振り返らずに「セブズ」を出るべき。だって、ミアはそうじゃない方を選んだのだから、それはそれで仕方ないのだ。それなのに、ピアノ聞いて思い出したって、また、セブをかき乱すんじゃないよ。

 これ、なんだろう?と思ったらあだち充の漫画「H2」の比呂がララランドのセブに重なる。
 自分のまとめだと、比呂は幼馴染みのひかりが好きだったが、親友の英雄と交際する。比呂は物語を通じて苦しみながら、その現実を受け止めていく。春香という新しい好きな人を見つける。

 と、そこで終わるはずなのに、なまじ、英雄もひかりも比呂の存在が気になる。ひかりは、散々、比呂を揺さぶった後、それなりに落ち着くが、今度は、英雄が収まらない。で、決勝戦で、英雄はひかりを賭けて比呂と戦おうとする。もうやめたげてである。比呂は、最後の投球で白く光る涙を一筋流す。それは、勝利の涙ではなく、失恋の涙だ。甲子園優勝投手は、優勝を味わうことよりも、もう自分のなかの終わった恋をむごい形で痛め付けられるのである。

 あ、なんか言いたいこと。尽きた。ミアもいろいろとあってのあれだとは、思うし、セブにおもっきり肩入れするとこのような意見にもなりがち。以上。



 

 

 

 
 

りゅうちぇる論

 
 りゅうちぇるにずっと興味がある。


 若いながらも才気を感じる素晴らしいタレントだと思っている。
 
 今を感じさせる時代の申し子のようなルックスとちぇるちぇるらんどのギミックなどの申し分のないキャラクターがあるにせよ、歌手だ、役者だなどの一芸なく、徒手空拳で魑魅魍魎が群雄割拠する弱肉強食のバラエティー1本でやってこうとする大河ドラマばりの血に餓えた狼のようなソリッドな野心には、平成のアメリカンドリームさえ見いだしてしまう。
なんつって。


 個人的には、出演本数もうなぎ登りだった第1期りゅうちぇるは、ぺことの結婚とともに終わったと見ている。
 
 世間には、バカを装いながら、バラエティーにおける「はい、これが欲しいんでしょ」と提供するハイレベルな対応が、これから、どこまで続くか。ほんと、感心しながら見ている。

 最近は、熱中すると沖縄弁が出るというギミックを推している感じのりゅうちぇる。これもいつまで持つか。で、次の一手はなんなのか?りゅうちぇる。にこるんとの抗争劇も、おじさん、もう食べ飽きたよ。ネクストりゅうちぇるよろしくだよ。

 たぶん、次は、ぺこ妊娠からの、りゅうちぇる2世誕生。りゅうちぇるハウスみたいな感じで、りゅうちぇるの家族の物語をバラエティーで発動、展開させてくのではないかと睨んでいる。「家、買いたい~」って言ってたし。これが無理のないラインじゃなかろうか。

 でも、年齢を重ねれば、最終的に、林家ペーパー夫妻枠が一番収まりがよさそうに感じるがどうなるんだろう?

 いずれにしろ、視聴者として、このまんま、テレビを見続けたい。

有村藍里を応援したい

 有村藍里を応援したい。
 
 なぜなら、滅多にないような哀愁の漂う味わい深いパターンだから。

 やってることは、「恥知らず」と言えるだろう。
 「そんなつもりないんで」なんて、まったく通用しないし、構図的には、妹の顔へ泥を塗る行為だ。どう見ても邪道だ。

 名前を変えることは、「有村架純としての姉イジリOK!さぁ、バラエティーに呼んでくれ」の合図に他ならず、本人の人間性からなのか、「妹のほんわかエピソード」を聞き出すのではなくて、明暗くっきりな芸能人生を送る(片や人気女優、片や場末のグラビアアイドル)「残念な姉」としてのミジメさを中心に切り売りする形だ。

 有村藍里の好きな点は、「第一印象は?「ブス」って言われます。」みたいな、やけっぱちになっているだけとも取れるが、傷つくことを恐れずに冷酷な事実へ体当たりするガッツ。
 
 これを買いたい。どうせ、長くは持つまい。瞬間風速だろう。お金をあげられるわけでも、仕事あげられるわけでもない。テレビを見るだけ。だから、応援だけをしたい。
 
 どんな光の当たり方でもいいみたいな決意表明は、まさに「置かれた場所で咲きなさい」(ちょっと、違うか?)みたいで、かっこのよろしいことなのではないかと思う今日この頃。

 頼むから、最終的にMUTEKIに行くみたいな安易な転落も、ただただ痛々しいだけで、まったくつまらないし。

 あとは、もう、この時点で、実は、MUTEKI行きが決まっていて、今のは、株価操作のためのバラエティー出演でないことを祈る。買わないよ。有村架純ならば、しょうがないから、買うけど。

 
 


 


 

吉岡理帆の「どんぎつね」

 
吉岡理帆の
「どんぎつね」の笑えるほどの破壊力
いわゆる「考えた人天才」のやつ

初見の時、持っていた箸、落としたほど
思わず「うわー」と言った。
こう来たか電通
電通なのか、調べちゃいないけど

なんて妖艶なのかと
べたつかないエロスが
サービスエースで横を抜けていくような

色香がドアを閉めても隙間から
はみ出してくる感じの感じ


ちょうど、広瀬すず
チャルメラ猫耳コスをやっていて
今、チャルメラのパッケージの袋には、
それがしっかりと
印刷されてて
この間、店で「あ、印刷されてる」って
思ったばかりだが

それと一線を画すというか
年齢もタイプもベクトルが違うから
比べるのは広瀬さんに申し訳ないが

広瀬さんのは、「そうか、猫耳か。猫耳ねー。」で終わったが
吉岡さんは「うわ、きつね!」だった。
驚き。

広瀬さんのも
もっと珍種だったらよかったかも
思いつかないけど
まあ、「オカピ」とか「ウォンバット
とか「ミーアキャット」とか

見た時に「ん?何のコス?」ってなって
調べると「オカピかよ!ウォンバットかよ!なんで、そこへ行ったCMプランナー」みたいな方がって、ぜんぜん、良くないか。クソつまんないか。
難しいなぁ。

豹とか猫 猫科と女性の相性は
古くからよくって
狐って 犬で、男性的だと思うんだけど

かえってコンサバな服の方が
色香が醸し出されるように

吉岡理帆補正はあるにせよ
まあ、そういうことなのかと

なんか、きつねって写真集つくって
いろんな女優さんをきつねにさせたものを
見てみたいなと思うけど
誰か、金を出して、製作して
売ってくれたら、ありがたいなと
思います。