読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今季は、「カルテット」だ。

 今季のドラマは「カルテット」ではないか。

 「全員、片想い、全員、秘密あり」のラブ・サスペンスと銘打つこのドラマ。

 出てくる人たち、松たか子松田龍平満島ひかり高橋一生 全員、演技が上手くて何の心配もなし

 惜しむらくは、「銭の戦争」の渡部篤郎、「ナオミとカナコ」の高畑淳子的怪演がないところか。

 弱そうだなってところは、吉岡里帆ぐらいかな。まだ、若いし。

 脚本は、「それでも生きていく」、「mother」、「最高の離婚」の坂元さんだし、見た人は、もたいまさこなんだろう?やっぱり猫が好き以来だなって思ってたら、最後の方で「そういうことね。」とニヤリとさせられる。

「問題のあるレストラン」とか「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」とかあったけど、今回は、当たりではいか。

 心に残ったのは、みんなで唐揚げを食べるシーン。全部にレモン汁をかけようとするのを高橋一生が「かけたくない人もいるから、個々にかけたらいい」と言う場面。
 空気が悪くなるのに構わず、理屈を述べていく姿に膝を打った。
 「そうだよな。」と思った。でも、この世の大多数は、そんなこと言う高橋一生の役みたいな人を「めんどくさいやつ」として処理するんだろうな。仕方ないか。
 
 あとは、満島ひかりが可愛いんだ。なんてったらいいか、服が似合う。モデル的な身体性ではなくて、人物的な精神性から来る服のフィット感っていったら、いいだろうか。園子温の「愛のむきだし」の頃から、可愛いが磨きが加速するばかりの天井知らずだ。

 余談だが、この「全員、片想い、全員、秘密あり」というのは、「ハチミツとクローバー」を思い出した。
 昔、「ハチクロ」の結末を知りたくて、ある女の人に「最後は、誰と誰がくっつくの?」と聞いたら、食い気味に「誰も幸せにならない!」と言われたのを思い出す。引いた。言葉に体重が載ってた。なんだったのだろう。