ピコ太郎という名前の泡

 「ペンパイナッポーアッポーペン」は素晴らしい。言葉遊びとして、何も知らない状態で谷川俊太郎あたりが作ったと吹き込まれたら、うかつに信じてしまいそうだ。
   
 ボキャ天世代としては、爆笑問題くりぃむしちゅーなどのラジオから、チラチラと話は出てくるものの、いまいち活躍しきれていなかった古坂大魔王が売れたのはめでたいことだ。

 それにしても、忘れられがちなのは、これは「ジャスティン・ビーバー」発信だってこと。
 「ジャスティン・ビーバー」抜きに「ピコ太郎」は存在しないかもしれず、「ピコ太郎」本人は、「ジャスティン」に恩義を感じていても、お茶の間は、この現象は、「ジャスティン」による逆輸入だということを忘れてしまいがちだ。日本での「ジャスティン」は今のところそんなでもないが、世界における「ジャスティン」はすごいんだぞってことをよくわからないが、わかってもらいたくなる。あまりにも忘れられ過ぎてて。

だから、もうあるかもしれないが、「ピコ太郎、ジャスティンに会いに行く」って企画がテレビであってもいいんじゃないか。ピコ太郎の出身県の青森の甘い赤飯やら高級りんごなんか持ってったらいい。

 あ、古坂大魔王がピコ太郎の友人みたいなって設定はすべってるから本人のためにも一日も早くやめて欲しいなって思ってる。

 個人的には、ミヒマルGTと一緒にいるときの古坂大魔王のしゃべりが一番好きなので、あの感じが早めにテレビで出てくればな、惜しいなと思ってる。

 現代の消費のサイクルがスピード感ありすぎて、「飽きてきたタイミングで大量にCMに出てくる」のは、ぜんぜん、本人のためにならないから、やめてあげてほしいなって、思う。もう、食べれないのに、口をこじ開けられて炊いた米を詰め込まれたら、強力なネガティブキャンペーンしかならないから。

 と、今更ながらの「飽きてきたタイミング」で炊いた米を口に突っ込むようにブログに書いてみた。

おしまい。