ベッキーと乙武さん

 ワイドナショーベッキー乙武さんが出ていた。

 いつのまにか、ワイドナショーは、すっかり芸能人再生工場になった感がある。

 松本人志の善なる意思が働いた結果なのだろうか?
 それとも、たけしさんが山本モナなべやかんを事務所へ入れたようなことの流れなのか?

 まあ、いずれにしろ、こういう受け皿は、絶対にあった方がいいに決まってるので、もしかしたら、話題性的に単純に数字になるからおいしいキャスティングなのかもしれないけど(ギャラも前より安く済むかも)
 しかしながら、すねに傷ができても出演できる場所があることは、素晴らしいと思う。スタートしたくても、スタートできる場所がなきゃつらいってもんじゃない。

 乙武さんには、あんまり言うことがない。乙武さんの歩んできた道、背負った運命には、いまいち想像が届きにくいところがある。

 そのへんが、直接的に不倫するということへ、どのような割合で結びついていたかが分かりづらい節がある。

 ちょっと、フローチャートを考えると、①生まれつき性欲が強い方→②パートナーが忙しい→③かといって自分じゃ無理→④パートナー以外の助力がほしい→⑤他の人の手を借りる=不倫(ひとつの関係が終わり、また、始まる=連続不倫)みたいな。

 性欲には、プチ地獄みたいな面や強さがある。
 乙武さん以外なら、③で終わらせることもできる。セルフケアできるから。
 でも、できないから④へ進んじゃった、しかもモテるしみたいなことじゃなかろうか。

 奥さん、かわいそうって話がある。そりゃそうだ。でも、ご本人がどう思うかなので、外野はかわいそうだなと勝手に思うだけだ。

 対して、ベッキーだけれど、文学的深みに欠ける(笑)
 前々から、この人は、したたかだなって思ったけれど、個人的に、矢口真里よりも、人間の太さを感じる。そのうち、自分でなんとかするんじゃない?って強さを感じる。

 古市さんの「騒動で、好感度を失った今、自分には何が残ってると思うか?」に「今は、目の前のことをやる」みたいな返しも強い、強いなぁと思ったよ(笑)
  
 なんで、そんなことを?ってちょっと、ムカついただろうけど、こういう状況を抜きにしても、ベッキーベッキーの強みを自分自身でなんて言うのかは、気になったから、もっと、真正面からの答えも欲しかった。

 あとは、ウェンツへのプレッシングも強い気がしたし、
 まぁ、でも、緊張していたことは、分かったから、そこからのあれだと思うけど

 むしろ、川谷絵音の方が今や「動く不幸の手紙」みたいになってて、ベッキーよりもしぶとく呪いかかってるんじゃないか?と思うのよ(笑)

 だから、ベッキーじゃなくて、川谷絵音の方を出してほしいよ。ワイドナショーに。今年の願い(笑)